第31回一関国際ハーフマラソン・2012年9月23日 (日)

世界遺産・平泉の玄関口として知られる一関市。
江戸時代には一関藩があり、現在でも一ノ関駅周辺には城下町の面影が随所に残っています。自然が形づくった渓谷など観光名所があちこちにあります。

歴史と自然が融合した一関市で2012年9月23日 (日)に第31回一関国際ハーフマラソンが開催されます。

種目はハーフマラソン、10キロ、5キロ。

発着点は一ノ関駅から北へ約2キロの一関市総合体育館です。ハーフマラソンのコースは、東北新幹線と東北本線にまたがり、2つの折り返しをへて総合体育館へ戻ります。

レース後は、一関市内から西へ秋田県方面への国道342号線沿いに厳美渓温泉や宝竜温泉、真湯温泉、須川高原温泉など8つの良質な温泉地があり、時間が許せばラン後の疲れを癒してください。

申込締切は、2012年8月21日(火)です。

一関国際ハーフマラソンのホームページはコチラ

[mappress mapid=”8″]

タグ

カテゴリー:岩手

このページの先頭へ