いわて銀河100kmチャレンジマラソンスタート・ゴール付近の宿泊施設

岩手県北上市の北上総合運動公園から花巻市、西和賀町を通って雫石町の雫石総合運動公園に至る100kmの道のりは標高400メートルから550メートルの山間部を激しい上り下りを繰り返しながら走る体力と精神力を求められるレースです。

ほとんど新緑の山の中の県道を走ります。とくに県道12号線(銀河なめとこライン)の豊里湖から小倉山にかけての50km過ぎからの登りの傾斜は厳しくレースの大きなポイントになります。

登り終えると急な下りに。県道1号線に入り、第4中継所から第5中継所まで再び登り、そこからは雫石まで下ります。

コースの途中には、ほぼ5kmごとにエイドが設けられています。エネルギー補給はもちろん運営の皆さんの励ましが走りつづけるエネルギーとなります。

この大会は100kmのウルトラマラソンのほかに100km駅伝や沢内バーデンをスタートし県道1号線を雫石まで走る50kmや10kmの種目もあり、まずはこれらの種目を体験してから100kmにチャレンジする方も多く見られます。

[mappress mapid=”19″]

スタート会場付近の宿(JR北上駅付近)

早朝にスタートする100kmレースのために体調を整えて臨みたい方にJR北上駅付近の宿泊施設を紹介します。

北上駅からはスタート会場の北上総合運動公園までバス送迎があります。

宿泊施設選びは、インターネット予約できるじゃらんなどの宿泊予約サイトが便利です。24時間予約申し込みができるうえに部屋の混みぐあいをチェックできます。

じゃらん(jalan.net)~JR北上駅付近の宿

スタート会場の北上総合運動公園に近いJR北上駅付近の宿はレース前日は満室になることもあります。

早めにアクセスして宿の空室状況のチェックをお勧めします。

JR北上駅前の宿泊施設(じゃらん)

ゴール会場付近の宿

大会のすべての種目のゴール会場となる雫石総合運動公園に近い宿を掲載しています。

こちらも24時間ネット予約ができ、空室状況を確認できるじゃらんなどの宿泊予約サイト便利です。

雫石の宿泊施設一覧(じゃらん)

タグ

カテゴリー:岩手

このページの先頭へ